” What we wear makes what we are. “

展示会シーズンに、滑り込むことができました
Virgil Ablohによる個展”PAY PER VIEW”

広告やそのイラストレーションがどのように私たちに影響していて、それが形作る私たちって一体なに?
哲学的で理解するのが難しいようです。

皮肉的な表現を避けずに言えば、フォトジェニックな個展”PAY PER VIEW”で見つけたものは、実はポジティヴな要素じゃないかもしれないってことでした。

日常的に、SNSメディアで目にする多くのコンテンツによって、パーフェクトに傾倒する風潮が高まっているようにも見えます。
”不完全”を前面に押し出すのは「ぽくない」ですが、ひとは、人生ちょっと物足りない風が素敵ってことを知っていて、そこに少し足せるものに魅了されてしまうのかもしれません。

桜の季節満開、こんな気持ちの良い日をずっと待ってた!
HOPE YOU ENJOY FABULOUS SPRING WITH US.

 

M