Comet tulle bralette / brazilian #starry

コットンチュールシリーズの、CometとApronがリリースされました。
初夏の清々しいムードにぴったりの、コットン100%のチュール生地に、華奢なストラップ。
LOOKではブルーカラーがメインになっていますが、ブラックと2色展開です。
デコルテを見せるスタイルでは、どちらのカラーでもお勧めしたいです。

人気のブラジリアンのショーツは、速乾性と通気性が高く、ショートトリップ向け。
アウターにも響かないカッティングです。

個人的には、リネンやリヨセルのシャツに合わせるスタイルが大好き!
セクシーでヘルシーなルックになります。チュールの透け感に迷う方でも、インナーを選ぶことで色々楽しむことができると思います。

Apron tulle brassiere / brazilian #dense
15AWで大人気だった、エプロンシリーズから。
クロップドトップスのように着られるものをと、バルコネットがとっても綺麗に出せるチュールブラを作りました。
生地はコットンチュール100%で、バスト内側も共生地を使った3枚仕立てのブラジャーです。
バスト部分にパッドを入れていただくことも可能です。


写真では確認しづらいですが、着用するとバスト中心でV字にシェイドが現れます。
こちらのエプロンもストラップは通常よりも細く、より華奢に。

コットンチュールの着心地は、一度着ていただくとわかりますが、、とっても軽くてストレスフリー。
何より、バストやヒップの曲線に沿って薄くシェイドがかかって見えるので、より女性らしくてお気に入りです。

Comet Apron共に、brazilianのショーツはミックスアンドマッチをしていただける仕様になっているので、アウターやその日のムードに合わせてみても。

私もSawakoもこのチュールがとってもとてもお気に入り。
とは言いつつ、チュールってどんな感じ?サイズは?パッドなくても?という疑問もあります。
いただいたメールには全てお返ししておりますので、info@pasquet.jp へお気軽にお問い合わせくださいませ。

M




今日はブラパッドについてのお話です。

Comet 、Chevron、Sophieシリーズはbrassiereの全てにパッドポケットが付いています
生地が二枚仕立てになっているのでトップがアウターに響くのはbraletteに比べると少ないですが、バストの曲線を綺麗に出すためにパッドをご利用いただく目的で、つけています。

そして、パッドはお客様自身のお手持ちのものをオススメしています。
brassiereに多くの選択肢があるように、一人一人の理想のフォルムがあるはず。
パッドについても、このカタチにしてくださいというようなイメージではなく、ご自身のお好みで厚みを変えてみたり、トップのみをカバーするものにしてみたりと、TPOに合わせてお使いいただきたいと思い、現在オンラインでもパッドの取扱はいたしておりません。

薄着の季節に入り、カラフルなランジェリーを楽しみたい時期になりました。
お気に入りの1着に、スパイシーな彩りを取り入れていただきたいな。と思います。

 

M


今週に入ってようやく気温が20度を超えるなど、日本に少し遅れてパリもだんだん暖かくなってきました。
そんなパリの最近はと言いますと、、、鉄道会社が絶賛ストライキ中であります。。。

フランス国鉄のSNCFが、マクロン大統領が進める労働についての改革に反対し、
4月から6月の3ヶ月間もストライキです。

毎日という訳ではなく。3日あけて2日ストライキまた3日あけて2日スト。。という風に丁寧なスケジュールのもと行われています。ストの日は、間引き運転になるので時間によっては、電車を20〜30分待たなければいけなかったり、という状態です。

不便すぎて、毎回「もうSNCFには乗らない!』と公言する私ですが、
結局毎日SNCFに頼って移動するしかなく、とても悔しいです。。。:( 笑

フランスに来る際には、ストの日程などご注意ください〜

bty

bty


『なんでか昔より共感度が高かったんだよね、でもなんでミスタービッグがいい男に見えるのかわかんない』
と友人たちと話していました。
最近思い立って、シリーズを見直していました。
20代そこそこで観た時とは少し違う観点になっていて、少し分析的
「これってこうだからでしょ」と自分の経験論から見ることができるようになったからかしら。

ともかくこのドラマシリーズで心ときめくのはファッションとリアルなボーイフレンド事情だと思います
映画シリーズの公開時期には、映画館で前席に座っていた女の子たちから、
『なんでこの人たち初っ端からセックスばっかしてんの』
なんて声が聞こえてきたのを覚えています。

それでもこのドラマをお気に入りから外せないのは、人に話すまでもない何てことないフラストレーションを消し去ってくれるからでしょう。

私の場合、その時の自分のムードによって共感するフィロソフィーが異なります。
大体の感情がカバーされている4人の会話や出来事を、たまに垣間見たくなるドラマって貴重。

きっと5年後には違う点から見ているのかもしれませんが。

 

彼女たちのアンダーウェアの選びかた、着こなしは、いつ見てもとてもイイ感じです。
梅雨時期の部屋での過ごし方、ウィッシュリストにぜひ。

M


5/7(月)〜5/13(日)の期間中、
送料とギフトボックスを無料にてご案内します。

ギフトボックスは、ご注文後のカート画面で、好きなお色(白orピンク)をお選びください🌷


先日公開した18 Spring SummerのLOOKBOOK。

湖のすぐ横のとてもとても気持ちのいいスタジオで撮影しました。

自然光を活かした撮影にしたかったので、天気を心配をしていたのですが、
当日は、春夏アイテムの撮影にぴったりな(むしろそれ以上の…)日差しに恵まれました。

18SS shooting/pasquet,

今回も、デジタルに加えてフィルムカメラも使ったのですが、
フィルムと、ランジェリーそしてプールの色の相性がぴったりで、
なんともいい色が出せたし、温度感が伝わる写真になったと思います。

LOOKBOOK後半のランジェリー達は、春夏コレクションの第2弾として、
もう少し暖かくなってきた頃にオンラインブティック登場予定です。

お楽しみにお待ちください 🙂

18SS shooting/pasquet,

18SS shooting/pasquet,


Online boutiqueにて、18 Spring collection をお買い求めいただけます。
本体生地には全てシルクを使ったコレクションで、心地いいアイテムたちばかりです。

Pasquet, online boutique

* * * * *

info@pasquet.jp

 上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。


Piseに続き、Florence (フィレンツェ) の写真です。

Pasquet_blog_florence

イタリアの街自体がもちろん美しいのですが、それをフィルムカメラで撮ると、また一層味がでて素敵でした。(1枚目はデジカメです。。)

パリのバスティーユ近くにあるカメラ通りで、1968年製のカメラに出会って以来、デジカメには出せないフィルムカメラの奥行き感や色に夢中になっています。カメラ自体もそうですが、フィルムを変えることでも、写真の質感や色などが変わるようで、なかなか奥が深いです。

 

Pasquet_blog_florence

Pasquet_blog_florence

Pasquet_blog_florence

Pasquet_blog_florence

 

* * * * *

info@pasquet.jp

上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。

sawako