ちょっと前に行ったローマ(ついでにバチカンも)の写真たち。
フィレンツェとピサに続くイタリア旅だったのですが、また違った風情のある街でした。

イタリアの首都というだけあって、フィレンツェやピサに比べて交通量も多く、やや都会なイメージ。
とはいえ、コロッセオなどの古代ローマの建造物や遺跡もちゃんと共存しているところが、さすがイタリア!と行った感じでした。
個人的には、ローマよりもゆったりとしたフィレンツェの方が好きでした。。。
(天気が良くなかったせいもあるかもしれませんが)

普段パリの薄暗いメトロで移動して〜という生活をしていると、定期的に、
ぁぁイタリアへ心を洗いに行きたい。。。という気持ちになります。
パリも悪くないのですが、普段と違った場所に足を運ぶとリフレッシュできていいですよね。

フランスは2種間ほど前からサマータイムに切り替わりました!
少しづつ日も長くなり、最近やっと春の気配を感じるようになりました。
日本はもうだいぶ暖かくなってきたようですね。
皆様、それぞれ素敵な春をお過ごしください 🙂

 


先日公開した18 Spring SummerのLOOKBOOK。

湖のすぐ横のとてもとても気持ちのいいスタジオで撮影しました。

自然光を活かした撮影にしたかったので、天気を心配をしていたのですが、
当日は、春夏アイテムの撮影にぴったりな(むしろそれ以上の…)日差しに恵まれました。

18SS shooting/pasquet,

今回も、デジタルに加えてフィルムカメラも使ったのですが、
フィルムと、ランジェリーそしてプールの色の相性がぴったりで、
なんともいい色が出せたし、温度感が伝わる写真になったと思います。

LOOKBOOK後半のランジェリー達は、春夏コレクションの第2弾として、
もう少し暖かくなってきた頃にオンラインブティック登場予定です。

お楽しみにお待ちください 🙂

18SS shooting/pasquet,

18SS shooting/pasquet,


Online boutiqueにて、18 Spring collection をお買い求めいただけます。
本体生地には全てシルクを使ったコレクションで、心地いいアイテムたちばかりです。

Pasquet, online boutique

* * * * *

info@pasquet.jp

 上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。


フランスの天気予報の女性の多くは、体のラインを強調するピッタリラインや、時には胸元が大きくあいた服で、身振り手振りを加えながらハキハキと喋る、”セクシーで大人な女性” 的な印象です。たまに、彼女の体で天気図がかくれて見えなくなることもありますが、それもOK。

日本では、それとは対照的に、 可愛らしい雰囲気の方が多い印象です。冬ならフワフワのコートを着てたり、マイクにもフワフワ毛がついていたり、、というのを覚えています。身振りや喋り方もソフトで、どちらかというと幼さを連想させる印象がありました。

違いはあれどどちらも、視聴者のマジョリティが好むであろう女性像なのだろうと思います。
よく言われていることですが、日本では 若くて可愛らしい、フランスでは成熟していてセクシー、そういった対象に魅力を感じる人が多いようで、天気予報にそれが反映されているのが、わかりやすく面白いと感じました。

Pasquet_blog

そういえば学生時代に、色々な国のランジェリーブランドを見ていて、(特に大手の)起用されているモデルの体型が、その国のマジョリティに好ましいとされる体型なのかと考えたことがありました。フランス、イタリア、スペインなど、すぐ隣り合う国なのに、モデルの体型が大きく違うのが面白く、ありとあらゆる国のランジェリーブランド広告を見漁っていた記憶があります 笑   最近は、ブランド独自のイメージ作りが強く、そんな傾向は弱まったと思いますが。

 

さて、17AWコレクションのリリースももうすぐです !
アイテムについてのお問い合わせ等ございましたら、下記アドレスにて承っています。

info@pasquet.jp

全てのお問い合わせメールに返信しておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。


先日行った、イタリア ピサの写真。
こじんまりとしていて、おばあちゃんの家に遊びにきたような  どこかなつかしい気持ちになる街でした。

Pasquet_blog_pise

Pasquet_blog_pise

ピサの斜塔の写真を母に見せたところ、「昔より傾いている気がする。。」と言っていたのですが、そんなことはあるのでしょうか。

海で隔てられているわけでもなく、フランスからすぐ隣りの国なのに、言葉も含めて文化や感性などこんなにも違ってくるものなのですね。あまり大きな声では言えませんが、、イタリアの方がフランスよりも、感じがいい人が多く、かなり好印象。今まで多くの知り合いが、「フランスも悪くないけど、どちらかというとイタリアとかイギリスの方が居心地がいい」と言っていたのがわかった気がします。大賛成です。

Pasquet_blog_pise

Pasquet_blog_pise

Pasquet_blog_pise

 

* * * * *

先日より、17 MID-SEASON コレクションの販売を開始しました。
アイテムについては、こちらのblog”17 MID-SEASON”もご覧ください。

* * * * *

info@pasquet.jp

 上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。

sawako

 

 


毎日の生活に欠かせないものを、少しいいもので選ぶようにしています。

糸切りばさみを紛失して以来、本当に困っていたので新しいものを迎えました。
(from DonCarlos
フォルムや利便性に一目惚れしました。リボンを巻いて使います。

新しいラインナップの紹介はまた次回になりますが、basic itemに使われる糸や生地はとても柔らかく、軽やかになりました。
スタジオは植物園のように緑が多いのですが、春はエネルギッシュなグリーンが多いです。
いつも大ぶりの子たちに囲まれて、作業をしています。

 

奥に見えるボトルですが、LE LABOのフレグランスはちょっと贅沢でいい気分になりますよね。
BODY LOTIONやSHOWER GELは定番のSANTAL33を選んでいます。

アンダーウェアと同様、毎日の生活に当然あるものに少し気を遣うだけで気持ちに余裕ができますが、一人でも誰かとでも楽しめるようなものでいっぱいにしたいような気分がしていて。
basic collectionはそんなテーマで、作りました。
ぜひ、ご覧頂ければ嬉しいです。

M


今日は、fabric(生地)についてお話ししたいと思います。

 

chevron series

“Raspberry”, “Akebia” このシリーズには、silk cotton lawnという素材を使っています。

slipも同じfabricでわかりやすいですが、georgette(chevron seriesではCelineNaked)よりも透け感があり、肌あたりはコットンの印象が強いかもしれません。

kamakura-and-paris_686kamakura-and-paris_9049

 

見た目の艶感や、肌に触れて、とろみを感じるのはgeorgette

マットで透け感があり、肌に張り付くようなフィット感はsilk cotton lawnです

どちらも甲乙つけがたい…ところですが、先のブログでもお伝えしたように、lawn生地はとっても軽いです。あとは、不思議な柔らかさとしなやかさがあります。

つけ心地はgeorgetteよりもrelaxingって感じで。

 

速乾性はどのアイテムよりも高く、ショートトリップや年末年始のホリデーには使いやすい…という実用性ばかりおしてしまいますが….

 

普段、ちょっと時間があると旅行に出てしまうので、くしゃっと丸めてバッグに詰めてもOKなものばかり好んでいるからでしょうか。

chevronなんかは、身につけると元どおりみたいにシワも伸びちゃうしで、、お洗濯さえ気を付けると長く気軽に使えるのがいちばんの魅力かもしれない。

 

と…ご質問いただく中で、気になった項目についてお伝えしました:):)

サイジングやアイテムのこと、stockistsなどご希望あれば、info@pasquet.jp までご連絡ください

では、素敵な週末を<3

 

 

M


ヨーロッパにおいて、ある国の人たちは、キャンプのプロと呼ばれているらしく、
キャンプ場に彼らがやってくると、ものの数分で完璧な居住空間を作り上げてしまうとか。
なんなら、テレビや冷蔵庫も取り付けちゃうぞ、くらいの勢いらしい。。。

 

極端な冗談だねと笑っていたら、突然となりにイカつい4WDの集団が。
すごいスピードで作業をし始め、

camping_iceland

 

あっという間に、キャンプにしてはクオリティの高いディナータイムとなっていました。

camping_iceland

どこの出身か聞いたところ、やはり !! キャンプのプロフェッショナル、オランダ出身の方達でした。デンマーク経由で船に乗り、48時間かけてアイスランドに来たそう。アイスランドは、まだまだ舗装されていない道が多いので、4WDでないといけないスポットが多数あります。

旅と言えば、快適スマートなキャンピングカーも素敵ですが、ワイルドな4WDの彼らにとても憧れます。

camping_iceland

 

sawako

 


まゆに続いて 私のお気に入りについて。

ランジェリーを選ぶ時には、なるべく服にひびかないこと、動いた時に(特にかがんだりした時) 身体からズレたり、浮いたりしないことに注意しています。あとは肌が弱いので、肌あたりにもかなり気をつけています。

デザインが好みであることは言うまでもありませんが、実用的でないと結局、数回身につけただけでお蔵入りになってしまうので。。。:(

my favorite

ということでまずは、
Chevronシリーズの “Gabrielle”。
ワンカラーのトップスにデニム、というアウトフィットが多く、インナーにはバイカラーを!と選んで以来、ずっと付け続けています。素材がシルクという事もあり、肌あたりはもちろんのこと、「洗濯後に乾きやすい」という超実用的な一面も、何気にヘビロテの一つの理由です。

Meteorシリーズの”The very first day”。
先日、ジムの更衣室で見かけた赤コットンランジェリーの子がもう本当にかわいくて、迷わずMeteorシリーズは赤を選びました。今年の夏は出番が多くなりそうです 🙂

暖かい季節にはV-neckの着用率が高いので、アウターのデコルテラインとちょうどフィットするChevronとMeteorは手放せないアイテムです。

Sawako


my favorite

 

『普段私たちってどれ着てる?』という話から、今回のブログでは私のお気に入りをご紹介したいと思います。

私の場合、『どれも可愛い〜』ではなく、完璧に偏愛しています。

シーンによって使い分け…ももちろんありますが、ユニセックスなアウターに合うものがとくに好きです。

 

 

では早速

 

chevron seriesでは、Celineとany

V-neckのロンTやローブに重ねて着ています。個人的にリラックススタイルにはchevronをお勧めしています。

braとpantyのミックスアンドマッチをよりより楽しめるのはこちらでしょうか..

アウターとともに、メンズ:レディース=6:4くらいで合わせるのが大好きです。

 

 

comet seriesでは、EmmaとNight cats walk

スウェットなどのカジュアルなアウターに合わせています。

バルコネットのように大きく胸が開いているので、デコルテが出るシャツやカットソーなどにはcometを選んでいます。

コットンなので、暑い季節にはこちらの登場回数は多め。

バカンスやショートトリップには、使いやすいかもしれません:) (速乾性はchevronの方が高いですが)

 

 

と、、ラインナップを見てみると黒系が多いことに気づきます。

私の個人的なアレですが、髪の長さがかなり関係しています。1年前に髪を70cmほど切ってショートカットになって以来、黒のアイテムが増えました。好みですね。

 

髪の色や長さ、肌の色や合わせる服など、たくさんのものがミックスされて出来上がるワンアンドオンリーな組み合わせは、どれもどれも素敵だと思います。

カラーリング、サイジング、取り扱い方など、少しでもお気に留めることがありましたら、お気軽にご相談ください

 

 

 

M