freeshipping_20180306_pasquet,

 

3/5(月)- 11(日)の期間中、オンラインブティックでの発送業務をお休みいたします。
期間中に頂いたご注文は、12日より順次送料無料*にてお送りさせていただきます🗃
.
.*対象は¥2,000以上のご購入に限ります、予めご了承ください。


フランスの天気予報の女性の多くは、体のラインを強調するピッタリラインや、時には胸元が大きくあいた服で、身振り手振りを加えながらハキハキと喋る、”セクシーで大人な女性” 的な印象です。たまに、彼女の体で天気図がかくれて見えなくなることもありますが、それもOK。

日本では、それとは対照的に、 可愛らしい雰囲気の方が多い印象です。冬ならフワフワのコートを着てたり、マイクにもフワフワ毛がついていたり、、というのを覚えています。身振りや喋り方もソフトで、どちらかというと幼さを連想させる印象がありました。

違いはあれどどちらも、視聴者のマジョリティが好むであろう女性像なのだろうと思います。
よく言われていることですが、日本では 若くて可愛らしい、フランスでは成熟していてセクシー、そういった対象に魅力を感じる人が多いようで、天気予報にそれが反映されているのが、わかりやすく面白いと感じました。

Pasquet_blog

そういえば学生時代に、色々な国のランジェリーブランドを見ていて、(特に大手の)起用されているモデルの体型が、その国のマジョリティに好ましいとされる体型なのかと考えたことがありました。フランス、イタリア、スペインなど、すぐ隣り合う国なのに、モデルの体型が大きく違うのが面白く、ありとあらゆる国のランジェリーブランド広告を見漁っていた記憶があります 笑   最近は、ブランド独自のイメージ作りが強く、そんな傾向は弱まったと思いますが。

 

さて、17AWコレクションのリリースももうすぐです !
アイテムについてのお問い合わせ等ございましたら、下記アドレスにて承っています。

info@pasquet.jp

全てのお問い合わせメールに返信しておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。


pinkgiftbox_pasquet


3/9(today) – 3/14(tue).
上記期間中、オンラインブティックにて、ご注文に gift boxを無料でお選び頂けます💋.
(*ご指定のない場合は通常の発送となります)
gift boxの色は、ホワイトと新しく加わったピンク色の2色からお選びいただけます。

* * * * *

info@pasquet.jp

 上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。

 

 


まゆに続いて 私のお気に入りについて。

ランジェリーを選ぶ時には、なるべく服にひびかないこと、動いた時に(特にかがんだりした時) 身体からズレたり、浮いたりしないことに注意しています。あとは肌が弱いので、肌あたりにもかなり気をつけています。

デザインが好みであることは言うまでもありませんが、実用的でないと結局、数回身につけただけでお蔵入りになってしまうので。。。:(

my favorite

ということでまずは、
Chevronシリーズの “Gabrielle”。
ワンカラーのトップスにデニム、というアウトフィットが多く、インナーにはバイカラーを!と選んで以来、ずっと付け続けています。素材がシルクという事もあり、肌あたりはもちろんのこと、「洗濯後に乾きやすい」という超実用的な一面も、何気にヘビロテの一つの理由です。

Meteorシリーズの”The very first day”。
先日、ジムの更衣室で見かけた赤コットンランジェリーの子がもう本当にかわいくて、迷わずMeteorシリーズは赤を選びました。今年の夏は出番が多くなりそうです 🙂

暖かい季節にはV-neckの着用率が高いので、アウターのデコルテラインとちょうどフィットするChevronとMeteorは手放せないアイテムです。

Sawako


ノンワイヤーブラだと、胸が垂れてしまわないか、というご質問をいただくことがあります。

そこで今日は、なぜ胸が垂れてしまうのか、どう予防すればいいのか、ということについてふれたいと思います。

 

バストが垂れてしまう大きな原因の一つは、
バストを支えているクーパー靭帯が伸びてしまうことにあります。

クーパー靭帯

バスト構造と仕組み-all aboutより

クーパー靭帯とは、乳腺や筋肉、皮膚をつないでいる靭帯で、バストを支えて吊り上げている働きをしていますが、バストが揺れたり、引っ張られたりした時に伸びてしまいます。
筋肉とは違うので、一度この靭帯が伸びてしまうと元に戻す事ができません。

運動などの大きな動きでバストが揺れている時はもちろんのこと、
日常のちょっとした動きでも、少しずーつ少しずつ伸びてしまいます。
寝ている時にも、横を向いたりうつ伏せになったりという動きで、胸が引っ張られて伸びてしまいます。

 

。。では、バストの垂れ予防=クーパー靭帯を伸ばさないようにするには、どうしたらいいのか。。

ー答えは簡単で、日常的に自分の胸にしっかりとフィットするブラを着用することです。

ここで、ワイヤー入りのブラでなければダメなのか、という考えが浮かぶと思いますが、
ポイントはワイヤーのありなしではありません。

ワイヤーがあってもなくても、特にアンダー部分と脇側のサイドの部分がしっかりとフィットしていれば、バストの揺れは大幅に押さえられ、クーパー靭帯を守ることができます。
寝ている時に、ブラ着用はちょっと苦しいということであれば、バストにフィットするタイトめのキャミソールを一枚着用するだけでも、かなり予防になります。

気をつけたいのが、フィット=きつめのブラを着用すること。
ブラの締め付けがキツすぎると、血行が悪くなり冷えの原因になったり、色素沈着に繋がることもあります。

また、細いヒモだけでバスト支えているような三角ブラや、ゆとりのあるブラトップなどは、バストの揺れが生じやすいので、クーパー靭帯対策としては注意が必要です。

pasquet, パケ

Pasquet,のブラは、全てノンワイヤーですが、アンダー部分、サイド部分と、しっかりと身体の曲線にフィットし、バストに揺れなどの負担がかからないように設計しています。
ご自身に合ったサイズをお選びいただければ、安心してご着用いただけます。


ブルターニュ地方に位置する、Saint-malo(サン・マロ)という街。

観光で有名なモンサンミッシェルからは、車で40分くらいの場所です。

saint_malo1

12世紀頃から築かれたという城壁に囲まれた街で、街の中は、石造りの建物やブルターニュ名物のクレープのお店が目立ち、観光客で賑わっています。

saint_malo2

市街地を抜けると海が広がり、デニムonデニムのおじさんが、カモメ芸を披露してくれました。

どうやら、大変カモメに好かれているようです。

saint_malo3

saint_malo4

saint_malo5

 

※7月20日まで、Pasquet,のインスタグラムページにて、キャンペーンを行っています。

Instagramでパケ公式アカウント:pasquet_studioのtagをつけてアップしてくださった方皆様に、次回ご利用いただけるcouponを発行いたします!

詳細はこちら

 

 

sawako