2nd Deliveryが夏の訪れと共に、もうすぐそこ。
日本の暑い夏を過ごすためには、薄くて軽くて、セクシーなものを選びたいな。

instagramなどSNSで、自身のランジェリーを素敵にきこなしたスナップを度々目にして
「同じlingerieでも、身につける人間によってこんなに違って見えるんだ」と、驚いています。
アンダーウェアもちろん、お洋服も何もかも、世界中と情報シェアして、手に入れて、身につけることができる時代において、
性別や人種、背丈や骨格の違いはもちろん、どんな自分に見せたいか、どんな人なのか、そんなのを全てひっくるめて、ファッションに現れているような気がしています。
そしてそれぞれのアイテムには、オンタイムのトレンドが反映されていたり。

様々に取り入れることで、いろんな自分を発見したり、時には違和感持ったりtrial and errorを繰り返して、自分自身を客観的に見ることができます。

例えば、10年前の自分を振り返ってみます。
クローゼットの中には、溢れるくらいのランジェリーでいっぱい。カラフルで、エネルギッシュな時代を思い出します(今がそうじゃないかというとまた別ですが)。
お洋服に関しても、変わるもの、変わらないもの、というような古株と新顔が揃っています。

たまにふと思うことがあります。
常にフレッシュで綺麗なランジェリーを身につけていたい、という気持ちの反面、
心に余裕がなくなると、キープできないこともあって。そういう時のアンダーウェアって、どこか野暮ったくてアガらない感じになってしまう。
自分の内面をダイレクトに反映してるのって、インナーなんじゃないかなと。思うわけです。

だからこそ、ピカピカのニューアイテムには、顔もにやけてしまうわけで。
気持ちがそわそわしてしまう初夏に向けて、本格的にヘトヘトになってしまう前に、一度クローゼットを整理するのもいいかもしれません。

 

M


『なんでか昔より共感度が高かったんだよね、でもなんでミスタービッグがいい男に見えるのかわかんない』
と友人たちと話していました。
最近思い立って、シリーズを見直していました。
20代そこそこで観た時とは少し違う観点になっていて、少し分析的
「これってこうだからでしょ」と自分の経験論から見ることができるようになったからかしら。

ともかくこのドラマシリーズで心ときめくのはファッションとリアルなボーイフレンド事情だと思います
映画シリーズの公開時期には、映画館で前席に座っていた女の子たちから、
『なんでこの人たち初っ端からセックスばっかしてんの』
なんて声が聞こえてきたのを覚えています。

それでもこのドラマをお気に入りから外せないのは、人に話すまでもない何てことないフラストレーションを消し去ってくれるからでしょう。

私の場合、その時の自分のムードによって共感するフィロソフィーが異なります。
大体の感情がカバーされている4人の会話や出来事を、たまに垣間見たくなるドラマって貴重。

きっと5年後には違う点から見ているのかもしれませんが。

 

彼女たちのアンダーウェアの選びかた、着こなしは、いつ見てもとてもイイ感じです。
梅雨時期の部屋での過ごし方、ウィッシュリストにぜひ。

M


展示会シーズンに、滑り込むことができました
Virgil Ablohによる個展”PAY PER VIEW”

広告やそのイラストレーションがどのように私たちに影響していて、それが形作る私たちって一体なに?
哲学的で理解するのが難しいようです。

皮肉的な表現を避けずに言えば、フォトジェニックな個展”PAY PER VIEW”で見つけたものは、実はポジティヴな要素じゃないかもしれないってことでした。

日常的に、SNSメディアで目にする多くのコンテンツによって、パーフェクトに傾倒する風潮が高まっているようにも見えます。
”不完全”を前面に押し出すのは「ぽくない」ですが、ひとは、人生ちょっと物足りない風が素敵ってことを知っていて、そこに少し足せるものに魅了されてしまうのかもしれません。

桜の季節満開、こんな気持ちの良い日をずっと待ってた!
HOPE YOU ENJOY FABULOUS SPRING WITH US.

 

M


ホリデーシーズンを控えて、11月はいつも何か刺激的なことがしたいと思います。
年に数度の旅をしたい欲っていつも突然に訪れますが、ここ数年は国内がマイブーム

シティよりは何時間もかけてリモートエリアへ赴き、現地調達主義を存分に発揮しています
日常と非日常の狭間にいるような感覚で、新しい発見が多いというのも素敵です。

少し前になりますが、私のお気に入りはブラックのアイテムが多いというお話をしました。
それは相変わらずで、気の合う友達といるとまあみんな真っ黒(笑)

旅に出るときは(もちろん利便性も考えて)アンダーウェアからアウターまで全てブラックにすると、パッキングは5分で終わっちゃう。
ベーシックなカラーリングは本当に優秀で、ムードによりミックスしても何となくいい感じになっちゃうから、ズボラな私にはぴったりなわけですが。

先日のブログでもご紹介しましたが、
嬉しいことに、イェローを気に入ってくださる方が多いです。
そして新たに加わったコットンチュールシリーズの、モーヴピンク。

「冬だからね、取り入れやすいよ」と挑戦をしてくれる友達たちの声に嬉しくて私までテンションが上がっちゃいます。
モーヴピンクとネイビーは、上下をミックスアンドマッチにするのもおすすめしています。

11月になって急に寒くなると、気分までなんだかどんよりしちゃいますが、
ホットなホリデーがもうすぐそこ。

一人でも二人でも、ふふっとつい頬が緩んじゃう瞬間を、楽しみましょ♡


(PMAGAZINEより)

M

 


pasquet,_comet_deepenpasquet,_comet_enamour

Comet tulle bralette  DEEPEN & ENAMOUR

今季からコットンチュールをボディ素材に用いたブラレット、ブラジリアンがラインナップ入りしました
ブラジリアンは、SOLD OUTになっていたComet brazilianと同じもの。

コットンチュールと言うコットン100%の素材ですので、透け感は多少あります。また、パッドを使える2枚仕立のbrassiereと比べると、トップの響きも。
ですが、1枚仕立のbraletteはこの季節に挑戦してほしいスタイルです、
ガーリーでセクシーな雰囲気を出してくれるので、ニュアンスを加えたいこの時期にぴったり!

挑戦するなら、アウターが厚めの秋冬が取り入れ易いです、迷ってる方はぜひチャレンジしてみてください..

ENAMOURのカラーリングはとても迷いました。
どんな肌色にも似合う色で、色っぽいもの、という目線で選びました、出来上がりは肌色がすごく綺麗に映える色でこの中ではいちばんオススメしています。
DEEPENは、ネイビーですが殆どブラックに近いネイビーです
よりシャープ感を出してくれるし、何よりバックショットがとっても綺麗に。

pasquet,_comet_deepen

サイジングですが、バストカップはとても伸びがいいので、通常のサイジングで見ていただいたらOKです
その他、ご質問などはお気軽に info@pasquet.jp
(営業日でしたら通常1日以内にお返事させていただいております。メールの返信がない場合、ドメイン指定をされている、もしくはメールアドレスが間違っている場合がございますので、一度ご確認下さいませ)

それでは、秋の夜長にオンラインショッピング、お楽しみください;)

 

M


17 AW COLLECTION

chevron seriesはブラックとイェローが新色で入りました
どちらも艶々なカラーリングが,秋冬の気分に沿ってくれます

Pasquet,のラインナップでは定番となっているchevronシリーズですが、久しぶりのワンカラーができました

普段は他のアイテムとのバランスを深く考えないんですけれど、ネイルやリップカラーまでニュアンスをきかせたくなる色味です
ANY(ブラック)は、マットな質感で、デイリーユースへの使い勝手は一番ですし、
LEAP(イェロー)は、モノトーンなニットとパープルのリップスティックに合わせようとか、
考えちゃうような、そんな感じの可愛さです。

今回ラインナップのカラーリングは、どんな肌色にも似合うようにと気持ちを込めました。
Pasquet,のランジェリーは、身につけて初めて、”出来上がり”になります
とっても寒くて気が滅入っちゃうような日には、可愛がってあげてください。

M


色の表現については、いつもどの言葉が合っているのか考えてしまうんです。

そこで、ベージュという色について。
ベージュそれ自体は、生成色(染めていない)、薄い黄色や茶色を指します。
染めていない生成色を普段目にすることは少ないと思いますが、大抵のアイテムは染色されているものが多いんじゃないかな。

ベージュのアンダーウェアは多く流通していますが、私はそれより少し赤っぽく、青っぽく、明暗もあるニュアンスが好きです。
肌にのせた時の色味は、目や髪の色にも相応してひとりひとりユニークで特別になるから。
そんなことを想像しながらシーズンのカラーをピックアップしてます。

秋冬は、春夏とはまた変わってカラーのマッチングも楽しい季節。
17AW COLLECTIONの入荷は追ってアナウンスさせていただきますが、ぜひお楽しみにお待ちください:)

 

M

 


フランスの天気予報の女性の多くは、体のラインを強調するピッタリラインや、時には胸元が大きくあいた服で、身振り手振りを加えながらハキハキと喋る、”セクシーで大人な女性” 的な印象です。たまに、彼女の体で天気図がかくれて見えなくなることもありますが、それもOK。

日本では、それとは対照的に、 可愛らしい雰囲気の方が多い印象です。冬ならフワフワのコートを着てたり、マイクにもフワフワ毛がついていたり、、というのを覚えています。身振りや喋り方もソフトで、どちらかというと幼さを連想させる印象がありました。

違いはあれどどちらも、視聴者のマジョリティが好むであろう女性像なのだろうと思います。
よく言われていることですが、日本では 若くて可愛らしい、フランスでは成熟していてセクシー、そういった対象に魅力を感じる人が多いようで、天気予報にそれが反映されているのが、わかりやすく面白いと感じました。

Pasquet_blog

そういえば学生時代に、色々な国のランジェリーブランドを見ていて、(特に大手の)起用されているモデルの体型が、その国のマジョリティに好ましいとされる体型なのかと考えたことがありました。フランス、イタリア、スペインなど、すぐ隣り合う国なのに、モデルの体型が大きく違うのが面白く、ありとあらゆる国のランジェリーブランド広告を見漁っていた記憶があります 笑   最近は、ブランド独自のイメージ作りが強く、そんな傾向は弱まったと思いますが。

 

さて、17AWコレクションのリリースももうすぐです !
アイテムについてのお問い合わせ等ございましたら、下記アドレスにて承っています。

info@pasquet.jp

全てのお問い合わせメールに返信しておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。


Pasquet,は現在、パリと日本の2カ所に拠点を置いていますが、
私たちには、それがカッコイイとかオシャレとかじゃない理由があります。

『”土地”にアイデンティティなんてあるの?それ、必要なの?』って疑問について、今回は書きたいと思います。

私がティーンの頃から外に出たくて仕方なかったのは、もっといろんな場所に行きたいという思いが強かったからのように思います。
その欲求により、両親の都合など全くお構いなしにいろんなところに住みました。どこで何を学ぶことに意味を見出すというよりも、ただただ幼い憧れや好奇心の先行によりです
反対に、自分の故郷にあまりポジティブな感情はありませんでした。保守的で、排他的な文化に飽き飽きもしていたと思います。

それらの経験があるからこそ、いまこういう嗜好になっているのかもしれません。

それから巡って、現在私は日本に住んでいます。
この土地の、アートカルチャーに積極的な性格も、保守的だけど見栄っ張りなところも、
自然を文化の一部にしてしまう素晴らしい技術も、今の所は気に入っています。
(色彩や建築に関して非常に感度が高いと気づきました)
都会的なムードの中で受けるインスピレーションって、とても多様でその絶対量も多いと思うんです。それに全ての感度を向けていた頃もありました
ロハスでオーガニックなものを強調したくはないですが、自然文化やその歴史を感じる日常には、これとはまた違う方向に集中させないと受け取りきれないほど豊富な彩りが存在していて、なんと表現するべきか迷いますが、誤魔化せない精度があると思っています。
そういった意味では、この土地にアイデンティティを感じているのかもしれません。
そのなかで出来上がった全てが詰まったものをPasquet,で感じ取ってもらえたらいいな。

Sawakoはパリに住んでいますが、どうなんでしょう。好きなのかな?
彼女と話していると、いい感じに聞こえます。

パリと日本を行き来するたび、それぞれの刺激的な生活に興奮しているのは間違いない。
文化の違いや価値観の変化、美味しい料理や天気の話など、日々お互いに刺激を受けていることが多いからね。

 

 

今回の話ですが、i-D magazineで、Vetementsの記事を読んでいて思いました。
これまでに、『Pasquet,はなんでパリと日本なの?東京じゃないの?』と聞かれることがよくあったんですが、なんだかうまく言葉にできなくて。
パリと日本である必要はありませんが、今の所はそのような感じです。
今後どこに移っていくのか判りませんが、きっと私たちにとって心地よい場所に違いありません。
この記事の内容とリンクすることはないですが、気になる方は是非。

 

 

M


毎日の生活に欠かせないものを、少しいいもので選ぶようにしています。

糸切りばさみを紛失して以来、本当に困っていたので新しいものを迎えました。
(from DonCarlos
フォルムや利便性に一目惚れしました。リボンを巻いて使います。

新しいラインナップの紹介はまた次回になりますが、basic itemに使われる糸や生地はとても柔らかく、軽やかになりました。
スタジオは植物園のように緑が多いのですが、春はエネルギッシュなグリーンが多いです。
いつも大ぶりの子たちに囲まれて、作業をしています。

 

奥に見えるボトルですが、LE LABOのフレグランスはちょっと贅沢でいい気分になりますよね。
BODY LOTIONやSHOWER GELは定番のSANTAL33を選んでいます。

アンダーウェアと同様、毎日の生活に当然あるものに少し気を遣うだけで気持ちに余裕ができますが、一人でも誰かとでも楽しめるようなものでいっぱいにしたいような気分がしていて。
basic collectionはそんなテーマで、作りました。
ぜひ、ご覧頂ければ嬉しいです。

M