freeshipping_20180306_pasquet,

 

3/5(月)- 11(日)の期間中、オンラインブティックでの発送業務をお休みいたします。
期間中に頂いたご注文は、12日より順次送料無料*にてお送りさせていただきます?
.
.*対象は¥2,000以上のご購入に限ります、予めご了承ください。


Online boutiqueにて、18 Spring collection をお買い求めいただけます。
本体生地には全てシルクを使ったコレクションで、心地いいアイテムたちばかりです。

Pasquet, online boutique

* * * * *

info@pasquet.jp

 上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。


2/3(土)〜2/14(水)まで、online boutique にてバレンタインボックスをご用意しております。

Chevron bra & panty “ANY”を、ギフトボックスに入れて、お届けします。
ご自分にも、ギフトにも、ぜひご利用下さいませ 🙂

※brassiereとpantyを、異なるサイズにてご購入されたい場合には、備考欄にその旨をご記入ください。



フランスの天気予報の女性の多くは、体のラインを強調するピッタリラインや、時には胸元が大きくあいた服で、身振り手振りを加えながらハキハキと喋る、”セクシーで大人な女性” 的な印象です。たまに、彼女の体で天気図がかくれて見えなくなることもありますが、それもOK。

日本では、それとは対照的に、 可愛らしい雰囲気の方が多い印象です。冬ならフワフワのコートを着てたり、マイクにもフワフワ毛がついていたり、、というのを覚えています。身振りや喋り方もソフトで、どちらかというと幼さを連想させる印象がありました。

違いはあれどどちらも、視聴者のマジョリティが好むであろう女性像なのだろうと思います。
よく言われていることですが、日本では 若くて可愛らしい、フランスでは成熟していてセクシー、そういった対象に魅力を感じる人が多いようで、天気予報にそれが反映されているのが、わかりやすく面白いと感じました。

Pasquet_blog

そういえば学生時代に、色々な国のランジェリーブランドを見ていて、(特に大手の)起用されているモデルの体型が、その国のマジョリティに好ましいとされる体型なのかと考えたことがありました。フランス、イタリア、スペインなど、すぐ隣り合う国なのに、モデルの体型が大きく違うのが面白く、ありとあらゆる国のランジェリーブランド広告を見漁っていた記憶があります 笑   最近は、ブランド独自のイメージ作りが強く、そんな傾向は弱まったと思いますが。

 

さて、17AWコレクションのリリースももうすぐです !
アイテムについてのお問い合わせ等ございましたら、下記アドレスにて承っています。

info@pasquet.jp

全てのお問い合わせメールに返信しておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。


Pasquet_freeshipping

8/11(金)~17(木)の間、ONLINE BOUTIQUE での発送をお休みさせていただきます。
期間中にいただきましたご注文は、18日より順次お送りいたします。
期間中のご注文は、1200円以上の場合には、送料無料にてお届けいたします。
素敵なサマーバケーションを …<3


Piseに続き、Florence (フィレンツェ) の写真です。

Pasquet_blog_florence

イタリアの街自体がもちろん美しいのですが、それをフィルムカメラで撮ると、また一層味がでて素敵でした。(1枚目はデジカメです。。)

パリのバスティーユ近くにあるカメラ通りで、1968年製のカメラに出会って以来、デジカメには出せないフィルムカメラの奥行き感や色に夢中になっています。カメラ自体もそうですが、フィルムを変えることでも、写真の質感や色などが変わるようで、なかなか奥が深いです。

 

Pasquet_blog_florence

Pasquet_blog_florence

Pasquet_blog_florence

Pasquet_blog_florence

 

* * * * *

info@pasquet.jp

上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。

sawako


Pasquet_very     Pasquet_very

6月7日発売のVERY 7月号にて、Chevron bra & panty “Raspbery” を掲載いただきました。
ぜひご覧ください 🙂

* * * * *

info@pasquet.jp

 上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。

 


先日行った、イタリア ピサの写真。
こじんまりとしていて、おばあちゃんの家に遊びにきたような  どこかなつかしい気持ちになる街でした。

Pasquet_blog_pise

Pasquet_blog_pise

ピサの斜塔の写真を母に見せたところ、「昔より傾いている気がする。。」と言っていたのですが、そんなことはあるのでしょうか。

海で隔てられているわけでもなく、フランスからすぐ隣りの国なのに、言葉も含めて文化や感性などこんなにも違ってくるものなのですね。あまり大きな声では言えませんが、、イタリアの方がフランスよりも、感じがいい人が多く、かなり好印象。今まで多くの知り合いが、「フランスも悪くないけど、どちらかというとイタリアとかイギリスの方が居心地がいい」と言っていたのがわかった気がします。大賛成です。

Pasquet_blog_pise

Pasquet_blog_pise

Pasquet_blog_pise

 

* * * * *

先日より、17 MID-SEASON コレクションの販売を開始しました。
アイテムについては、こちらのblog”17 MID-SEASON”もご覧ください。

* * * * *

info@pasquet.jp

 上記アドレスにてお問い合わせを承っています。
全てのお問い合わせメールに返信させていただいておりますが、お客様のドメイン指定などにより受信が拒否されてしまう場合が多くございます。
問い合わせをしても返信がこない場合には、ドメイン指定などによる受信制限をしていないか、
一度ご確認ください。

sawako

 

 


「フランスで驚いたことは何?」と聞かれてきて、いつも何も思い浮かばず、「スーパーのレジ待ちが長いことかな」と、つまらない回答をしてきたのですが、先日、これだ!と思った事があったので、こちらで紹介。

何かというと、病院の診察で「じゃあ脱いでください」と言われた時に、どこまで脱ぐのか、ということ。

最近の日本だと、胸の聴診だって医者が気を使ってさりげなくやってくれるし、診察程度で服を脱ぐ事はほぼなかったので (日本だと服をまくる程度ですよね?)、突然「脱いでください」と言われた時には、一瞬、「ん、どこまで脱ぐ?」と頭に ? が浮かんだものです。冷静に考えると、下着になるのが妥当なわけで、だいたい上半身下着のパターンが多いです。

先日皮膚科に行った際の「脱いでください」は、上下下着まで。日本の皮膚科で上下下着姿になったことってなかったよなー?と思いつつ、全身ちゃんと診察してくれるのは、とてもとてもありがたく、本来こうあるべきだよね、と大満足しました。

治療へのアドバイスでも、「全身ちゃんと光をあてたかったら、治療の日はストリングとかを履いてきてください」と言ってくれるスマートな男性皮膚科医。日本のお医者さんはここまで言えないだろうなーと、ニヤニヤしながら帰ってきました。

pasquet_sawako_blog

フランスではこういった実務的な場においては、下着は完全に実用品と捉えられます。
「下着見えちゃった」ではなく、「下着なんだから見えてもいい」という感覚。ただ当然ながら、場面によって「下着」の役割は変わるわけで、フランスにもセンシュアルなもの、シックなもの…etcと様々な下着があります。

下着=○○と決めつけない柔軟な感性が、フランスのランジェリーの魅力なのだろうと、こういった日常からも感じました。

 

sawako